自然のものだからこそ、心地いい。

木の床を歩くと足が疲れない。

硬いタイルやアスファルトの上を歩き続けたあと、足が痛くなったりした経験はありませんか。 それは、歩く際の衝撃が足腰の間接に直接伝わることが原因です。
建築資材の中で硬さや柔らかさを検証してみると、木はその中間あたりに位置します。 木の持つ適度な弾力と硬さは、歩く際の足腰への負担を軽減します。 木は切り離された後、細胞の中の水分は抜けて生きますが、細胞壁が木の原型を維持し、空間をつくる。
つまり、中空状の細胞が集まってできています。 このことは、物があたったときに細胞が変形して衝撃を吸収することを意味します。 また、木には「しなる」性質があります。
根太組みの床の上で運動すると、木が適度に「しなる」ことで、足腰への負担が少なくなり、万一転倒しても怪我が少なくなることから、体育館や老健施設の床に採用されているのは周知の通りです。

調湿効果

視覚効果[木目・木肌]

視覚効果[経年美化]

接触効果[熱伝導率]

癒し効果[ストレス抑制]

音響効果[自然な音域]

こだわり

反りや伸縮は、快適の証

真似のできない、紋様美

自然のものだからこそ、心地いい



「相談したい」とおもったら今すぐお電話を!

ページの先頭へ   ホームページへ