更新日:'09年11月17日

10月25日更新 我が家の大黒柱を求めて! A様編

こんにちは、
今日は「たてみ恒例!我が家の大黒柱を求めて!」の特集です。
皆さんもご存じのように、「たてみ」では、建築前に実際に使われる大黒柱を
お客様とご一緒に選んで決めます。

先日、A様と「我が家の大黒柱を求めて!」木材卸場に行ってきました!
さて、今回のお目当ては、「吉野ひのきの大黒柱」と和室の「床柱」です。

こちらは、A様と一緒に選んだ「吉野ひのきの切り口」です。
少しだけ、皆さんにお見せします。

立っている木材は、見たことがあるかも知れませんが、こうして切り口を眺めるとその木がどうのように育ったかが、推測できます。

年輪は、木材の成長年数を私達に伝え、年輪がどのような形をしているかで育った環境まで私達に伝えてくれます。

こちらの写真は和室に使う「床柱」を選んでいるところです。
後ろに見える、木材は一位と呼ばれ、木の中で最も位が高い木材と知られています。

一位の所以は、その昔 天皇即位の折にしゃくを献上したところ、そのあまりにも美しい木の目に正に一位の木 正一位 という称号を受け、後に正式名称も一位となったとされています。



「相談したい」とおもったら今すぐお電話を!

ページの先頭へ   ホームページへ