こんなに安くて大丈夫?

「そんなに安くて大丈夫なの?」お客さまからよく聞かれる質問です。
たてみ(株)の住宅は、安いのではありません。これまでの日本の住宅の価格が、欧米諸国の価格に比べてあまりにも高すぎたのです。
トップページでもご説明しているとおり、これはフェアープライスなのです。
大手住宅会社の坪単価は50万円台です。同じ坪数の家を建てようとした場合には、数百万~1千万円もの差になります。
中にはオプション工事は別途という会社もあるので、注意が必要です。

|< 戻る

結局、全部でいくらかかるの?

たてみ(株)の住宅は、次を目安にお考えください。
1、建築費(本体価格、付帯価格、設計管理料)
2、消費税
3、諸費用(登記費用、登録免許税、借入手数料、印紙税、ローン保証料、
         団体信用生命保険料、火災保険料、不動産取得税など)
4、その他(引越し費用、家具・家電製品の購入費用など)
この中でいちばんわかりにくいのは3の諸費用ですね。
これは建築する家の大きさや住宅ローン借入金によっても異なるので一概に申し上げることはできません。だいたいの目安として100万円程度とお考えください。
家づくりを考えるうえは建築費だけでなく、その他の必要経費についてもよくお考えのうえ、余裕を持った資金計画をおすすめいたします。

|< 戻る

サービスや値引きを要求してもいいの?

今まで住宅業界では当たり前のように値引きが行われてきました。
お客様にとってはもちろん、値引きはありがたいものでしょう。しかし、値引きがあるがためにあらかじめ200万、300万という金額が建築費に上乗せされていたのも事実です。
これは何を意味しているのかと言うと、何も言わない人からはそのままの金額をもらう。そして値引きを頼まれた人からだけ、その分の金額をマイナスしていたということです。
言うまでもないことですが、このようなことは決してあってはならないことです。
わたしたちははじめからウソのない正直な価格を提供しています。サービスや値引きは、本来あってはならないことなのだと強く信じています。

|< 戻る

見積書はどうやって見ればいいの?

見積書を見比べるときに重要なのは、総額ではなくその中身です。例えばA社のほうが高いけれどカーテンや食器棚が含まれている、B社は安いけれど標準装備として含まれるものが少ないといった場合、結果的にどちらが安いかどうかを瞬時に判断するのは難しいですね。
見積書に何が含まれるかについては見積書に添付されている仕様書を見ることで確認できます。
数社から見積もりをとる時には、後で比較検討しやすいように予算やプランの要望などについてあらかじめ同じ条件で依頼すると良いでしょう。
どのような部材を使って仕上げはどうなるのか、設備機器はどんなものか、工事の範囲はどこまでなのか(別途工事費や諸費用も含むのか)などについて、じっくり確認することも重要です。

|< 戻る

頭金とローンのバランスはどれくらいにすればいいの?

一般に頭金とローンの割合は、3対7の構成が理想と言われており、頭金は最低でも家づくりにかかる総額のうちの2割はあったほうがよいでしょう。
また、準備できる頭金の額から適正な借入金額を計算できることもできますね。
両親から資金を贈与してもらう場合は、「住宅取得資金贈与の特例」 を活用すると550万円まで非課税になります。 夫婦がそれぞれの両親から550万円ずつもらうならば、合計1,100万円まで贈与税は課税されないことも覚えておきましょう。ただし、こうした贈与を受けるにあたっては条件があり、税務署への申告も必要となります。
住宅ローンの返済は長期にわたるものです。将来設計を考えたうえで余裕をもった資金計画を立てることをおすすめいたします。

|< 戻る





「相談したい」とおもったら今すぐお電話を!

ページの先頭へ   ホームページへ